3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

スプリンターズステークス
シリウスステークス

ニュース

【スプリンターズS馬体診断】セイウンコウセイ

【セイウンコウセイ 評価A】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)…

【スプリンターズS馬体診断】ダンスディレクター

【ダンスディレクター 評価A】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東…

【スプリンターズS馬体診断】ダイアナヘイロー

【ダイアナヘイロー 評価A】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)…

【スプリンターズS馬体診断】ビッグアーサー

【ビッグアーサー 評価C】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)の…

【スプリンターズS馬体診断】ファインニードル

【ファインニードル 評価B】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)…

【スプリンターズS馬体診断】レッドファルクス

【レッドファルクス 評価C】 「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の佐野裕樹(美浦)、竹原伸介(栗東)…

元JRA騎手の藤田氏、現役復帰ならず

不合格の連絡が届いた 元JRA騎手として通算1918勝を挙げ、2015年9月に電撃引退した藤田伸二氏(45)が、地方競馬の平成29年度第2回調教師・騎手免許試験の1次試験を通過できなかったことが25日、分かった。 9月15日に門別競馬場で騎…

【スプリンターズS展望】春秋連覇コウセイVSレース連覇ファルクス

「スプリンターズS・G1」(10月1日、中山) 史上5頭目となる春秋スプリントG1制覇を狙う。セイウンコウセイは、春の高松宮記念でG1初挑戦・初戴冠を果たした現王者。前走の函館スプリントSは4着に敗れたが、前半3F通過32秒2のハイペースを…

【スプリンターズS展望】注目は武豊騎手騎乗予定のダイアナヘイロー

スプリントG1馬3頭に挑む ◆第51回スプリンターズS・G1(10月1日、芝1200メートル、中山競馬場) 第51回スプリンターズS・G1が10月1日、中山競馬場の芝1200メートルで行われる。 絶対王者が不在のスプリント、マイル路線でひとき…

【凱旋門賞】G1・4連勝中エネイブル“1強”

地元は仏ダービー馬ブラムトに期待 「凱旋門賞・仏G1」(10月1日、シャンティイ) 世界最高峰のレースとして知られる凱旋門賞・仏G1が、10月1日に行われる。これまで日本から数多くの名馬が出走し、2着を数えること4回。悲願達成へ、今年はサト…

【馬場情報】中山競馬場

( 芝 )良 (ダート)良 22日(金)正午現在の中山競馬場の馬場状態は以下の通り。 ●天候 :曇●馬場状態 : ( 芝 )良 (ダート)良●芝の状態 : 今週よりCコースを使用。コースの変更に伴い傷みは概ねカバーされ、全体的に良好な状態。●芝の草丈 : (芝…

【馬場情報】阪神競馬場

( 芝 )良 (ダート)良 22日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。 ●天候 : 曇●馬場状態 : ( 芝 )良 (ダート)良●芝の状態 : 今週からBコースを使用。コースの変更に伴い傷んだ箇所はカバーされ、全体的に良好な状態。●芝の草丈 : (…

ダービー馬レイデオロは5枠8番/神戸新聞杯枠順

第65回神戸新聞杯(3歳・牡牝・GII・芝2400m)の枠順 今年のダービー馬レイデオロ(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)は5枠8番に入った。発走は15時35分。枠順は以下の通り。 ( )内は性齢、騎手・調教師 1-1 メイショウテンシャ(牡3、藤岡佑介・池添兼雄)2-2 サトノアー…

タンタアレグリアは5枠9番/オールカマー枠順

ステファノスは4枠8番 24日に中山競馬場で行われる、第63回オールカマー(3歳上・GII・芝2200m)の枠順が22日確定した。 春の大阪杯で2着のステファノス(牡6、栗東・藤原英昭厩舎)は4枠8番、AJCC以来のレースとなるタンタアレグリア(牡5、美浦・国枝栄厩舎)は5…

【オールカマー】デニムアンドルビー 坂路で好時計

「もともと力はある馬」 【オールカマー(日曜=24日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬21日最終追い切り:栗東】デニムアンドルビーは坂路単走で4ハロン52・5―12・2秒の好時計をマーク。馬体はやや太めにも映る…

【オールカマー】モンドインテロ 最後方から併入

田辺「せかすよりマイペースの方が脚を使えそう」 【オールカマー(日曜=24日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬21日最終追い切り:美浦】モンドインテロは田辺を背に南ウッドで併せ馬。コンピレーション(3歳500万…

【オールカマー】アルバート軽快リハ 

海外遠征プランも…力試しの一戦 重賞3勝のアルバートが、約5カ月ぶりの実戦に向け21日、美浦Wで軽快な動きを見せた。メルボルンC・豪G1(11月7日・フレミントン競馬場)に登録しており、このレースの内容次第で海外遠征の可能性もあるだけに力が…

ディアドラ、新たにルメールとのコンビで秋華賞へ

ファンディーナは引き続き岩田とのコンビ 9日の紫苑S・G3で重賞初制覇を果たしたディアドラ(牝3歳、栗東・橋田厩舎)が、新たにクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=とのコンビで秋華賞(10月15日、京都)に向かうことが21日、分か…

【神戸新聞杯】レイデオロ疾走 ルメール納得の動き

まだ重いけど、息とフットワークはすごく良かった 盤石の秋初戦へ、ダービー馬レイデオロがルメール騎手を背に美浦Wコースを疾走した。 3馬身前を行くラヴィエベールを誘導役に見立てて加速。ダービーで脅威の“2段階スパート”を見せた名コンビの折り合い…

【神戸新聞杯】サトノアーサー2馬身半先着

馬体に幅が出た。パワーアップしている。 ダービーで初めて連を外し10着に終わった“2億円ホース”サトノアーサーは、栗東CWコースでシルバーポジーを2馬身追走。スタートして少し行きたがったあとは折り合いもスムーズにつき、内に入った直線は持ったま…

【神戸新聞杯】ダンビュライト抜群4F50秒9

何とか権利を獲りたい 皐月賞は0秒1差3着で、ダービーは0秒4差6着。1勝馬でもダンビュライトは相当に強い。 栗東坂路で抜群の動きだ。「相手が動かないのでラストはしっかり」という音無調教師の指示どおり、道中はアクションスターの歩調に合わなが…

【神戸新聞杯】鋭さ増した11秒5!名手・横典でスタイル進化

ダービー0秒3差4着の価値がここで証明される 【東西ドキュメント・栗東=20日】49歳にしてこのフットワークの軽さ!!神戸新聞杯に向かうマイスタイルがCWコースで最終追い切り。鞍上に横山典の姿を見つけて、オサムはときめいた。先週日曜は阪神の…

【神戸新聞杯】ホウオウ 4F53秒0併入「長い直線楽しみ」

まだ子供で本当に良くなるのは古馬になってから 1勝馬ながら果敢に神戸新聞杯に挑戦するホウオウドリーム。最終追いは坂路でオールカマー出走のカフジプリンスと併せ、追い掛ける形から4F53秒0~ラスト1F12秒1の時計で併入に持ち込んだ。矢作師は…

【神戸新聞杯】5馬身ぶっちぎり!菊へ向けベストアプローチ

以前に比べてパワーアップしている 菊花賞TR(3着まで優先出走権)G2「第65回神戸新聞杯」の追い切りが栗東トレセンで行われた。 ベストアプローチは雄大なフットワークで春とは違う雰囲気が漂っていた。ダービー9着後に休養。帰厩後はここを目標に…

ヴィブロス、年内2戦はルメールとコンビ

ひと回り大きくなりました 今年のドバイ・ターフを制したヴィブロスが、府中牝馬Sとエリザベス女王杯(11月12日、京都)でルメールとコンビを組むことが20日、分かった。年内はこの2戦のみで、来春は2年連続となるドバイ遠征を視野に入れている。8…

ミッキークイーン、11月12日エリザベス女王杯で復帰へ

牧場スタッフが懸命にケアしてくれている 一昨年の最優秀3歳牝馬ミッキークイーンがエリザベス女王杯(11月12日、京都)で復帰することが濃厚になった。20日、池江調教師が「女王杯に間に合う可能性が出てきました。牧場スタッフが懸命にケアしてくれ…

カフジプリンス今は状態が良く楽しみ/オールカマー

スタミナを生かす流れになれば、チャンスはありそう 新潟記念3着のカフジプリンス(牡4、矢作)は坂路で神戸新聞杯に参戦するホウオウドリーム(3歳500万)と併走。2馬身先行した分、余裕を残して併入した。タイムは4ハロン53秒4-12秒1。 矢…

ステファノス、秋初戦から狙っていく/オールカマー

距離は問題ないし、乗り慣れているジョッキー ステファノス(牡6、藤原英)は鮫島良騎手(レースは戸崎騎手)を背に最終リハ。芝コースでいっぱいに追われ、5ハロン63秒7-11秒6でスピード感たっぷりに駆け抜けた。今回は安田記念(7着)以来の実戦…

マイネルミラノ馬なりも元気いっぱい/オールカマー

札幌記念13着からの巻き返しを期す マイネルミラノ(牡7、相沢)は丹内騎手(レースは柴田大騎手)が乗ってウッドを単走で追われた。5ハロン68秒1-13秒0。ゆったりとしたフットワークで馬場の大外を回り、元気いっぱい。馬なりでも前進気勢は目に…

タンタアレグリア合格点の好仕上がり/オールカマー

馬体の張りなどは快勝したAJCC時には及ばない 8カ月ぶりに復帰するタンタアレグリア(牡5、国枝)が、ウッドで力強い動きを見せた。6ハロン81秒6-12秒6。離れた前を行った先導馬たちをじっくりと追走。直線は大外から真っすぐに伸びて、目標の…