3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

菊花賞

【菊花賞】事前発表馬体重

第78回菊花賞(GI)に出走する18頭の調教後の馬体重 (左から馬名、馬体重、計測日、場所、前走馬体重)ブレスジャーニー 456 18日(水) 栗東 448ウインガナドル 464 18日(水) 美浦 458スティッフェリオ 446 18日(水) 栗東 438クリンチャー 486 19日(…

ミッキースワロー菊沢師「終いでしっかり伸びてくれれば」/菊花賞共同会見

折り合い面に関しては3000mは問題ない トライアルのセントライト記念(GII)を皐月賞馬のアルアインを下して快勝し、菊花賞に挑むミッキースワロー(牡3・美浦・菊沢隆徳)。菊沢調教師自らが手綱を取って最終追い切りを消化したのち、共同記者会見が行われた。 …

ウインガナドル津村騎手「3000mでも本当に楽しみ」/菊花賞共同会見

この馬のスタイルはだいたい決まっている 前走の新潟記念(GIII)で初めて古馬と対戦して4着と健闘したウインガナドル(牡3・美浦・上原博之)。父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという血統背景からも3000mの舞台が合いそうな同馬について、騎乗する津…

ダンビュライト音無師「武豊騎手の腕に期待」/菊花賞共同会見

上手く乗ればチャンスはある ■ダンビュライトを管理する音無秀孝調教師 ――今朝の追い切りの指示と印象は?音無 一杯やるように指示しました。ただ、馬場が悪かったですね。馬場が悪いのは苦手です。でも、動き自体は悪くなかったですね。 ――満足のいく出来で…

アルアイン鞍上ルメール「3000mはいけると思います」/菊花賞共同会見

馬場が重くなっても問題ない ■アルアインに騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手 ――まずは先週は秋華賞優勝、おめでとうございます。ルメール ありがとうございます。 ――この秋もいいスタートが切れましたね。ルメール はい、またGIを勝ちたいです。 ――今朝は…

キセキ鞍上デムーロ「自信を持っています」/菊花賞共同会見

折り合いをつけて、落ち着かせて乗りたい ■キセキに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手 ――今朝の追い切りの動きは?デムーロ 素晴らしいですね。いつもと変わらないです。 ――いい意味で変わらない、という意味ですか?デムーロ そうですね。 ――前走の神戸新聞杯…

【菊花賞馬体診断】キセキ

【キセキ 評価B】 父ルーラーシップ同様の可動域の広さは好素材の証明だが、まだキ甲が抜けずトモ高の体形で幼さを残す姿形。また立ち爪で破折気味の脚元からすれば、ある程度ギアチェンジをしながらトップギアに入るイメージだ。 近4走は速い上がりをマー…

【菊花賞馬体診断】ミッキースワロー

【ミッキースワロー 評価B】 胴長で体高があり、スマートな輪郭。夏を越してもシルエットを保てており、セントライト記念時で482キロ。バランス型で皮膚の質からもボテッと見せない。 臀部(でんぶ)がくっきりと割れていた前走時の1週前と比較して後肢…

【菊花賞馬体診断】アルアイン

【アルアイン 評価B】 秋はセントライト記念からの始動だったが、春とは違うシャープなシルエット。菊花賞を意識したつくりに思えたが、結果は完敗の2着に終わってしまった。ただトモのボリューム感が物足りなかったあたりは、久々+関東への遠征競馬が響…

【菊花賞馬体診断】サトノアーサー

【サトノアーサー 評価B】 激しい気性で折り合いに課題はあるが、王道の神戸新聞杯3着とで一応のメドが立ち菊花賞に駒を進めてきた。1週前追い切り後の撮影で、今すぐにでも使えるぐらいスカッとしたシルエットだ。 爪が四本とも白い(俗称四白)馬は筋肉…

【菊花賞馬体診断】サトノクロニクル

【サトノクロニクル 評価A】 ハーツクライ産駒らしく、ひと夏越しての成長を感じさせるシルエット。春先は脚長+胴長のフォルムながら前が勝った体形。トモのボリュームが物足りず角張ったラインだったが、秋初戦のセントライト記念3着時が、丸みのあるシ…

【菊花賞馬体診断】ダンビュライト

【ダンビュライト 評価B】 皐月賞3着でダービーが6着。そして秋初戦が4着と相手なりに頑張るタイプだが、馬体の全体像が大きく変わった印象はない。また頭や耳の角度や目つきなども、ほぼほぼ春と変わらぬたたずまいなのはある意味評価していいかもしれ…

【菊花賞展望】ダービー1~3着不在の大混戦

「菊花賞・G1」(22日、京都) 再重要トライアルの神戸新聞杯を制したレイデオロがジャパンCに参戦し、2着スワーヴリチャード(アルゼンチン共和国杯)、3着アドミラブル(故障)とダービー1~3着馬が不在となった牡馬ラスト1冠。一気に浮上するの…

【菊花賞展望】大混戦の3冠最終戦はトライアルVのミッキースワロー、キセキ

名手・武豊騎手騎乗のダンビュライトの争いか ◆第78回菊花賞・G1(10月22日、芝3000メートル、京都競馬場) 第78回菊花賞・G1が10月22日、京都競馬場の芝3000メートルを舞台に行われる。 日本ダービー1、2、3着馬レイデオロ、ス…