3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

スプリンターズステークス
シリウスステークス

函館記念は、洋芝巧者キンカメ産駒を馬券のスパイスにボーナス倍増!

【1日分全R予想】とにかく馬券に入れておきたい3頭 


過去10年で7回も3連単の配当が10万円超え

f:id:sousuke621:20170714102303j:plain

 7月16日に函館競馬場で行なわれるGIII函館記念(芝2000m)は3歳以上によるハンデ重賞。昨年も13番人気のケイティープライドが2着に入って、3連単の配当は23万円を超えるなど、過去10年で7回も3連単の配当が10万円超えという波乱の傾向が見られるレースだ。

 函館競馬場の特徴としては、札幌と同じく洋芝であることが挙げられる。芝の種類が東京競馬場などとは異なるので、馬場適性はより重要になってくる。6月17日に開幕した函館競馬場では5つのレコードタイムが出て、“馬場に変化があったのか?”と大きな話題となった。だが、実際には馬場や路盤の改修などがあったわけではなく、晴天が続き、芝の生育が順調にいったためで、昨年までの馬場と大きな違いはない。これまで4週使い込まれてこなれてきたことだろうし、例年通りの傾向を当てはめて問題ないだろう。

 まずは唯一のGI馬サトノアレス(牡3歳/美浦藤沢和雄厩舎/父ディープインパクト)から触れていきたい。昨年のGI朝日杯フューチュリティS(2016年12月18日/阪神・芝1600m)を勝ち、JRA 賞最優秀2歳馬に輝いた同馬だが、今年はGIIスプリングS(3月19日/中山・芝1800m)4着、GI皐月賞11着(4月16日/中山・芝2000m)と連敗し、疲労回復に時間がかかったこともありGI日本ダービーを回避。アメリカ遠征も検討されたが、前走のOP巴賞(7月2日/函館・芝1800m)を勝って、ここに臨んでくる。

 無理をせず、目標をここに切り替えたのは好感が持てるし、ハンデの54kgも他馬との比較を考えれば恵まれた。前走はクビ差の勝利だったが、早めに動く横綱相撲で、差される感じもなく、着差以上に余裕があった。いっぱいに仕上げたわけではないだろうし、さらなる良化も見込めそうだ。結果を出していない2000mの距離や中1週となるローテーションなど不安点はあるが、前走の安定感を考えると大崩れはなさそうで、外せない1頭となる。

コース適性という意味では、昨年の勝ち馬マイネルミラノ(牡7歳/美浦相沢郁厩舎/父ステイゴールド)にも当然注意を払うべきだろう。函館ではこれまでに3走して、昨年のこのレースの他、一昨年の巴賞を勝利。昨年は56kgを背負い、マイペースの逃げで押し切った。今年は2走前のOP福島民報杯(4月16日/福島・芝2000m)で57.5kgを背負って勝利しており、7歳になっても衰えは見せていない。前走のGIIIエプソムC(6月11日/東京・芝1800m)は7着と敗れているが、1着とのタイム差0秒4は昨年の3着時と同じで、前年と同じローテーションというのも好感が持てる。トップハンデとなる58kgは楽ではないが、57.5kgを克服しているだけに、軽視は禁物。

 また、あまり人気はないようだが、洋芝適性という意味では大きく注目したいのがレッドソロモン(牡5歳/栗東庄野靖志厩舎/父メイショウサムソン)。ここ3戦、GIII小倉大賞典(2月19日/芝1800m)7着、GIII新潟大賞典(5月7日/芝2000m)13着、GIII鳴尾記念(6月3日/阪神・芝2000m)10着と大敗が続いているが、函館芝2000mは昨年の五稜郭S(1600万下)で勝利している。昨年のGII札幌記念は10kgの馬体減が響いたのか12着と大敗しているが、2015年のワールドオールスタージョッキーズ第2戦(札幌・芝2000m)では約5ヵ月ぶりの実戦ながら3着に入っており、洋芝の適性は高い。一変もあり得る。

 過去5年における函館・芝2000mの種牡馬別成績を見ると、1位がキングカメハメハの9勝。勝率12.5%、連対率23.6%と、なかなか高い数字が残っている。今年はサクラアンプルール、トウシンモンステラ、ナリタハリケーンの3頭が登録している。

 ナリタハリケーン(牡8歳/栗東中尾秀正厩舎)は8歳の高齢で重賞初出走という変わり種だが、前走、5年ぶりの芝レース出走となった巴賞で8頭立て8番人気ながら0秒1差の3着に入る大健闘。昨年まではダートを主戦場としていたが、そのイメージは捨てて考えてもいいだろう。ハンデは前走比2kg減の54kgで、前走2kg差あったサトノアレスとは同斤量となる。祖母ファビラスラフインは1996年のGI秋華賞馬という血統も筋が通っており、8歳にして良血開花となるか期待したい。

 サクラアンプルール(牡6歳/美浦・金成貴史厩舎)は2走前のGII中山記念(2月26日/芝1800m)で2着。1着馬は次走で香港のGIクイーンエリザベス2世Cを勝つネオリアリズムだったので、いかにも相手が悪かった。前走のGI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)は13着と大敗し、それ以来約3ヵ月半ぶりの実戦となり、函館芝も初となるが、注意しておきたい1頭だ。

 その他、前走の鳴尾記念で重賞初制覇を飾ったステイインシアトル(牡6歳/栗東池江泰寿厩舎)、今年のGIII中山金杯(1月5日/芝2000m)を勝ち、昨年のこのレースで3着に入ったツクバアズマオー(牡6歳/美浦尾形充弘厩舎)など、注目すべき馬は多いが、筆者としてはサトノアレス、マイネルミラノの実績馬を尊重しつつ、レッドソロモン、ナリタハリケーン、サクラアンプルールの穴馬たちにも期待というスタンスでレースを迎えたい。

 

headlines.yahoo.co.jp