3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

スプリンターズステークス
シリウスステークス

【大井・JDD】ヒガシ2冠!首差制し地方馬7年ぶりV

【1日分全R予想】とにかく馬券に入れておきたい3頭 


これからまた中央馬を負かしていきたい

f:id:sousuke621:20170713093205j:plain

3歳ダート馬の頂点を決める「第19回ジャパンダートダービー」が12日、東京・大井競馬場で行われ、5番人気ヒガシウィルウィンがゴール前、サンライズソアを首差競り落としてG1初制覇。東京ダービーに続く2冠を獲得した。地方馬の優勝は10年マグニフィカ以来7年ぶり5度目。佐藤賢二師(66=船橋)は01年トーシンブリザード以来、同レース2度目のV。本田正重(29=船橋)は、うれしいG1初制覇となった。

 陣営の信頼に応えた。本田が男になった。

 好スタートを決めたヒガシウィルウィン。外から行く馬を見ながら馬群の内にもぐり込むと5、6番手をキープ。3コーナー手前。先行する中央馬がペースを上げにかかったところで本田の手が動き、食らいついていく。4角で外に出される。そこからジワジワと脚を伸ばした。先に抜け出したサンライズソアを力でねじ伏せた。

 「乗りやすく、折り合いもつくから馬を信頼して乗れと(森)泰斗さんからアドバイスをもらった。(佐藤賢)先生からも4、5番手で流れに乗れという指示。その通り、いい位置で競馬ができた。直線はジリジリだったから最後まで一生懸命だったけど、勝ててうれしいの一言」。プレッシャーから解放された本田から笑顔がこぼれた。

 東京ダービー馬の鞍上に抜てきされたのは、主戦の森がケガをした3日後。まず驚き、チャンスをもらえた喜びとプレッシャーで毎日、レースのことを考えていたという。佐藤賢師は起用理由を「(本田)正重を男にしてやろうと思った。うまいし、船橋の騎手で臨みたかった」と明かす。森も「正重なら大丈夫」と戦前に話した。文句なしの好騎乗。初G1の喜びは仲間たちの信頼が実ってもたらされた。

 01年3冠馬トーシンブリザードを育てた名伯楽はヒガシについて「一戦ごとにパワーアップしている。これからまた中央馬を負かしていきたい」と高く評価。放牧を挟み、秋以降は大井・JBCなど大舞台を見すえていく。

 ◆ヒガシウィルウィン 父サウスヴィグラス 母プリモタイム(母の父ブライアンズタイム) 牡3歳 船橋佐藤賢二厩舎 馬主・MMC 生産者・北海道新ひだか町グランド牧場 戦績14戦7勝(南関東6戦4勝) 総獲得賞金1億4661万円。

headlines.yahoo.co.jp