3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

スプリンターズステークス
シリウスステークス

七夕賞こそ「荒れる夏競馬」。

【1日分全R予想】とにかく馬券に入れておきたい3頭 


3頭の穴馬が夢のボーナスを運んでくる

f:id:sousuke621:20170707093839j:plain

ローカル競馬場が舞台となる”夏競馬”は、やはり荒れるイメージが強い。一線級の馬たちが休養しているなかで、いわば決め手にかける面々による戦いでは、ときに思いもよらぬ結果が待ち受けているからだ。無論、馬券的にはかなり熱いモノが期待できる。

 7月9日に行なわれるGIII七夕賞(福島・芝2000m)は、まさに”荒れる”夏競馬のイメージにぴったりの一戦だ。というのも、ここ10年の勝ち馬を見ると、7番人気以下の伏兵が4頭も勝っているのだ。

 特に強烈なのは、14番人気で制した2012年のアスカクリチャンだろう。単勝は5440円、3連単は59万1030円という高配当をもたらした。

 また、11番人気で勝った2010年のドモナラズも相当なインパクトがあった。52kgの軽ハンデを生かして、鋭い決め脚を見せて快勝。単勝配当は1980円、2着アルコセニョーラ(6番人気)との馬連万馬券(配当1万1440円)となった。

 その他、7番人気以下で勝利したのは、2011年のイタリアンレッド(7番人気)と、2008年のミヤビランベリ(7番人気)である。

 これほど”荒れる”レースならば、今年もその流れに乗っかって、大穴狙いに徹するのも悪くない。そこで、過去に波乱を起こした馬たちを参考にして、今回大金星を挙げそうな存在を探し出してみたい。

 まずピックアップしたいのは、2008年の勝ち馬ミヤビランベリ。同馬は2走前に1000万下をクリアしたあと、前走の1600万下では13着と惨敗。しかし、格上挑戦となった七夕賞勝利をつかんだ。

 一線級のいない舞台で、おまけにハンデ戦だからこそ、クラスが下の馬でも何かしらのプラス材料があれば勝負になる。例えば、ミヤビランベリは”逃げ”という自分のスタイルを持っており、それが福島の小回りコースでまんまとハマッたのだ。

 ならば、今年も準オープン(1600万下)の身でありながら、格上挑戦でも戦えるプラス材料を持っている馬を探してみたい。

初心者でも安定的な収入を得たい!

 面白そうなのは、ソールインパクト(牡5歳)だ。

 同馬は、前走で1000万下の芦ノ湖特別(6月18日/東京・芝2400m)を勝ったばかり。そこからいきなり重賞を勝つのは厳しそうだが、この馬は1600万下の単なる”格下”馬ではない。

 そもそも2~3歳時には、重賞戦線で活躍していたのだ。GIII東スポ杯2歳S(東京・芝1800m)で3着と好走し、GIIホープフルS(中山・芝2000m)やGIII京成杯(中山・芝2000m)でもともに4着と健闘した。

 つまり、潜在能力はここでも十分に通用する。うまく噛み合えば、格下の逆転劇があってもおかしくない。

続いて、2010年のドモナラズについて検証してみたい。こちらは、同年2月に1600万下を勝ってオープン入りしたものの、その後は重賞やオープン特別でふた桁着順が4度続いた。

 それが、前走の福島テレビオープン(福島・芝1800m)では、4着と好走。内容が一気によくなって、続く七夕賞を制したのだ。

 そこから導けるのは、オープンクラスでしばらく苦戦しながら、ここに来てレースぶりがよくなっている馬。そんな存在を探してみると、1頭の馬が浮かび上がる。

 バーディーイーグル(牡7歳)だ。

 現7歳のベテランは、昨年5月に1600万下を勝ち上がったが、そこからオープンクラスではまったく勝負になっていなかった。オープン入りして最初のレース、昨年の七夕賞で7着に敗れて以降は、3戦連続でふた桁着順の惨敗を喫してきた。

 ところがここ2戦、2走前のメイS(5月20日/東京・芝1800m)と、前走のGIIIエプソムC(6月11日/東京・芝1800m)では、連続して5着と掲示板に乗る健闘を見せた。まさに上昇カーブを描いている。

 ドモナラズのパターンを考えれば、この上昇カーブに乗って一発あっても不思議ではない。穴馬候補として無視できない存在だ。

 2011年のイタリアンレッドと2012年アスカクリチャンについては、2頭に共通点がある。それは、どちらも”夏が得意な馬”ということだ。

 イタリアンレッドは、七夕賞を制する前年、4歳の7月~9月にかけて条件戦を3連勝していた。アスカクリチャンについても、同じく七夕賞を勝つ前年、4歳の7月~8月に条件戦で連勝を決めている。

 2頭とも、どちらかと言えば詰めの甘い競馬が多いタイプだが、夏場になるとその弱点が埋没。内に秘めていた強さを遺憾なく発揮するのだ。

 であれば、今年も夏が得意な馬を狙ってみたい。該当しそうなのは、ウインインスパイア(牡6歳)である。

 ここ2走は、オープン特別の福島民報杯(4月16日/福島・芝2000m)、GIII新潟大賞典(5月7日/新潟・芝2000m)と、ともに12着と惨敗。ここで通用するイメージは湧きにくく、人気は上がらないだろう。

 ただ、この馬の7月~9月における成績を調べると、7戦して2勝、2着2回、3着2回(着外1回)という安定感。「夏馬」と呼ぶに相応しい存在だ。

 おまけに、福島では過去に2勝し、得意としている。夏の暑さとコース適性が相まって、再び”夏馬”が大仕事をやってのける可能性は大いにある。

 波乱が続出で、穴頭ファンにはたまらない七夕賞。馬券という”短冊”に高配当の願いを込めて、名物レースを楽しんでみてはどうだろうか。

損をしたくない。リスクを最小限に抑えたい。そんな方のための無料公開!

headlines.yahoo.co.jp