3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

サトノアラジン川田騎手「まずは台風が心配です」/天皇賞(秋)共同会見

パンパンの軽い馬場で競馬を行えることが一番理想的

f:id:sousuke621:20171026175646j:plain

サトノアラジンに騎乗予定の川田将雅騎手

――安田記念は悲願のGI勝ちでしたね。
川田 はい。枠も馬場もすごくいいかたちで競馬を迎えることが出来ましたから、あとは能力を発揮できればいいと思っていました。やっとGIで気持ちのいい競馬をすることが出来て、GI馬になることが出来ました。ああいう条件のもとで競馬が出来るのなら、やはり能力が高い馬だなというのを改めて実感したレースでした。

――毎日王冠を振り返ってください。
川田 1800mという距離でドバイでGIを勝った馬より1キロ重い状態であそこまで来てくれました。秋緒戦としての出来であそこまで来てくれていますから、GI馬として立派な競馬をしてくれたな、と思っています。2000の天皇賞(秋)へ向けてのレースでありましたが、アラジンは去年と今年は前哨戦で1400~1600mというパターンを繰り返してきたので、彼自身も1400mのような感じで走ったのではないかと思います。その分、道中で多少力むところがあり、やはり少し長いな、という感覚だったと思います。それでも、よく我慢してくれました。あと1ハロン距離が延びても東京なら合うと思います。

――東京コースなら、ですか?
川田 はい、東京が一番合うと思います。

――最終追い切りは前に馬を置くかたちで、直線は突き抜けました。手ごたえは?
川田 調教内容としてはいつものパターンで行いました。前哨戦よりもさらに出来は良くなっています。何の心配もなく本番を迎えられると思います。

――6歳、今が一番いい時でしょうか?
川田 初めて乗せていただいた時から本当に素晴らしい馬だったので、1400mではありましたけれども、2000mでも競馬ができるのではないか、と思いました。今回は初めてそこに挑戦できますから、僕個人としてはすごく楽しみな2000mです。

――改めて、どういった条件が揃えばいいと思いますか?
川田 また台風が発生しちゃってますから、これが一番心配です。やはりパンパンの軽い馬場で競馬を行えることが一番理想的です。まずは、そこに尽きますね。

――他にはいかがでしょうか?
川田 結果を出している時の枠を見れば、外枠の方が明らかにいいですし、もちろん外の方がアラジンにとってはいい枠だと思っています。

――マイルの条件とは違うメンバーが揃っていますね。相手関係は?
川田 本当に多くの強い馬たちがいますから、その中でアラジンがどれほどの競馬をしてくれるのか。この2000mでその馬たちを相手にどんな競馬をしてくれるのか、というのがすごく楽しみです。

――抱負をお願いします。
川田 GI馬として迎えるGIではありますが、得意としているカテゴリーではないところにチャレンジしますから、強い馬たちに向かって行くところを応援してもらえたらと思います。何とかアラジンとよりよい結果を得られるように頑張りたいと思っています。当日の競馬を楽しみにしてもらえたらと思います。

サトノアラジンを管理する池江泰寿調教師

――安田記念は悲願のGI勝ちをおさめました。
池江 そうですね。

――どのようなところが良くなりましたか?
池江 背中から腰にかけて甘いところがあったんですけれど、その辺が強化されて芯が通った感じです。

――毎日王冠はいかがでしたか?
池江 久々の1800mだったのでそのあたりを心配していたんですけども。前半は少しハミを噛んでいましたが許容範囲かな、と思いました。

――58キロを背負ってのあの追い込みはいかがでしたか?
池江 そうですね、想像以上でした。

――天皇賞(秋)はさらに1ハロン延びますが?
池江 若い時に下級条件ですが2000mで勝っています。鍵にはなると思いますが、何とか踏ん張ってほしいです。

――東京コースはいかがでしょうか?
池江 脚が長くてトビが大きいので滑走路が他の馬よりも余計に必要な分、直線の長いコースは合うと思います。

――最終追い切りはいかがでしたか?
池江 指示は2頭併せでラスト300mくらいから併せていって終い1ハロンを伸ばしてもらいました。指示どおりでしたし、やり過ぎずちょうどよかったと思います。上積みはあると思います。

――週末の天気は雨が予想されています。
池江 雨が降れば、この馬にとっては少し不利にはなると思います。

――枠はいかがでしょうか?
池江 川田騎手が乗りやすい枠に入れば、と思います。

――相手関係は?
池江 かなり豪華なメンバーなのでどこまでやれるか楽しみにしています。

――最後に抱負を。
池江 なんとか距離を克服して頑張って欲しいと思います。

(取材:花岡貴子)

headlines.yahoo.co.jp