3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

キタサンブラック武豊騎手「勝たなきゃいけない馬だと思っています」/天皇賞(秋)共同会見

東京コースも距離2000mも問題ない

f:id:sousuke621:20171025181725j:plain

キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手

――先日引退が発表され集大成のシーズンが始まっていきますね。
武豊 楽しみにしていた秋シーズンがきました。まだ残り3戦ありますので、全力をあげていきたいですね。


――春は大阪杯から天皇賞(春)と連勝されましたね。
武豊 大阪杯天皇賞(春)は本当に強い勝ち方をしてくれて、改めてこの馬の強さを目の当たりにしました。宝塚記念は期待をしていましたが、残念な結果でしたね。全部勝つのは難しいと思いました。

――宝塚記念、敗因は?
武豊 馬の状態も良かったと思いますし、うーん…特に何かあったわけではないので、競馬はこういうこともあるな、というかんじです。

――この秋は改めて仕切り直しですね。今の具合は聞いていますか?
武豊 僕は乗っていませんが、入厩してからもここまで順調にきていると聞いています。

――天皇賞(秋)は東京コースで行われますね。この舞台については?
武豊 各馬にいえることですが、馬の力を発揮しやすいコースです。逆に言えば、実力がないとなかなか勝てないコースであり距離だと思います。そういう意味ではこの馬にとってはいい舞台だと思います。

――昨年、ジャパンCでは強さが際立っていたと思いますが?
武豊 そうですね。強かったですね。

――台風が近づいています。馬場状態については?
武豊 できればいい天気でやりたいですけど、こればかりはどうしようもないですね。その時の状況に合った競馬をしたいと思います。

――枠順については?
武豊 もし、希望が叶うなら内がいいですね。東京2000mはどうしても内枠のほうがレースを組み立てやすいですから。

――東京芝2000mの武騎手のイメージは?
武豊 スタートの位置が特殊なので、最初の2コーナーへのポジション争いはかなり激しくなります。そこは各ジョッキー考えて乗ってくるところだと思いますね。あと、凄いメンバーになればなるほど先行して押し切るというのが難しいです。逆に、前が止まりにくいということもあったり。ジョッキーにとっては天皇賞(秋)はとてもタフなコースに感じますね。

――相手関係は?
武豊 もちろん天皇賞(秋)ですから、すごい馬が集まると思います。まぁ、他の馬は強いですけど、昨年の年度代表馬ですし、この秋は海外遠征せずに国内に専念ということもあります。これだけの馬なのでやはり結果を求められる立場だと思っていますから、それに応えたいですね。

――ベストな距離は?
武豊 いろんな距離で結果を出してくれていますね。どの距離でも強い競馬をしてくれています。2000mはすごくいいと思いますね。

――改めて、この馬はどんな存在ですか?
武豊 昨年からコンビを組ませてもらっていますが、僕自身にとっても大きい存在というか、中心になっている馬なのでその馬のラストシーズンということですから、やっぱり結果を出したいですね。勝たなきゃいけない馬だな、と思っています。

――人気のある馬ですね。
武豊 人気もありますし、ファンの多い馬ですから。やはりファンの方に喜んでもらいたいですね。

――最後に抱負を。
武豊 いよいよキタサンブラックの秋の始動ということで、これから3戦全て勝つ気持ちで乗りたいと思っています。頑張ります。

キタサンブラックを管理する清水久詞調教師

――年内、あと3戦で引退が発表されましたね。
清水 ずっと前からいつかこの時がくるのはわかっていましたので、無事に(牧場に)あげてあげたいと思っています。

――寂しさはありますか?
清水 もちろん、あります。

―― 一戦一戦噛みしめるように、というかんじでしょうか?
清水 はい、惜しまれるかたちで送り出したいですね。

――春の戦いを振り返ってください。大阪杯から天皇賞(春)を連勝されましたね。
清水 年度代表馬をいただいた後なので、いい競馬をしなければいけないと思っていました。この2つはしっかり勝ててよかったな、と思っています。

――2000mと3200mのGIを連勝するのは凄いことですね。
清水 そうですね。どんな距離でも対応してくれるので素晴らしい馬だと思います。

――それ故に、どこが得意な距離なのかわからないファンの方も多いと思います。
清水 それは僕もそうですね。

――その後、宝塚記念は9着でした。
清水 うーん、天皇賞(春)から少しレース間隔がありました。しっかりケアは出来ているつもりだったのですが、やっぱり反動というか…馬自身が走っていないというイメージなので。原因は確定できないですね。

――今思えば、走る前はいつもと何かが違った、ということはありましたか?
清水 特にはないんですけどね。まぁ、いつもの状態で送り出せたと思っているんですけど。

――昨年秋のジャパンCの頃は、この後どれだけ強くなるのだろう?と思わせましたが、さすがに今年春の時点で完成の域には達したのでしょうか?
清水 そうですね。今年はほぼ古馬として完成したかんじがします。

――この秋の状態について教えてください。
清水 無事、栗東に帰ってきてくれましたので秋の天皇賞から逆算するかんじで調教メニューを組みました。これまでは順調に予定どおり、考えてきたとおりの調整が出来ています。

――春の疲れは抜けきった印象でしょうか?
清水 はい、そうですね。

――この秋はこれまでに比べて厩舎に戻るタイミングは速かったのでしょうか?
清水 はい、2週間ほど早めに戻しました。

――ここまでの調整過程について教えてください。
清水 追い切りは本数もこなしていますし、その成果も出ています。今朝は状態を確かめる程度に追い切りました。

――今朝は黒岩騎手を乗せての併せ馬でした。ジャッジは?
清水 予定どおりです。馬場は悪いみたいですが、そのわりに時計は出ていると思います。

――現在の状態は万全とみてよろしいでしょうか?
清水 はい、しっかりいい状態です。変則開催が続いていたので、右回り左回りとかそのあたりもどうしようかな、と思ったので(注:調教コースの周回の方向はJRAがあらかじめ予定を発表している)あとで慌てることのないように仕上げました。

――調教メニューはこれまでは坂路3本乗りなどもありましたが、この秋はCWでの併せ馬が中心ですね。
清水 そうですね、坂路3本乗りはこの秋はしてないですね。それほど深い意味はないです。もう鍛えなくてもしっかり体が出来上がっていますからね。息を整えることを優先しました。

――休み明けも実績がありますね。
清水 馬格があるわりに休み明けから走ってくれますね。

――東京の2000mはいかがでしょうか?
清水 東京コースも距離2000mも問題ないです。何も心配はないです。

――道悪は?
清水 馬場はあまり気にしていませんが、折角ですのでファンの皆さんのためにもいいお天気でレースを迎えたいですね。

――希望の枠順は?
清水 どこの陣営も内目が欲しいところでしょう。

――最後に抱負を。
清水 日が経つのは早いものですね。キタサンブラックの残すレースもあと3つと発表されました。まずは天皇賞(秋)でいいスタートを切りたいです。天皇賞(秋)は格式ある競走です。初戦から力を出せる状態に仕上げたつもりです。結果にこだわっていい競馬を期待したいですね。

(取材:花岡貴子)

headlines.yahoo.co.jp