3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

ミッキースワロー菊沢師「終いでしっかり伸びてくれれば」/菊花賞共同会見

折り合い面に関しては3000mは問題ない

トライアルのセントライト記念(GII)を皐月賞馬のアルアインを下して快勝し、菊花賞に挑むミッキースワロー(牡3・美浦菊沢隆徳)。菊沢調教師自らが手綱を取って最終追い切りを消化したのち、共同記者会見が行われた。

(今朝の最終追い切りについて)、
「気合い面や心肺機能はだいぶできている状態でしたし、前走、ゲートの入り、寄りが悪かったので、まずはゲートでの駐立を確認してから、馬場で5ハロンの追い切りをしました。要所要所、カーッとしたり燃えたりするのですが、馬場入り時に周りにいっぱい馬がいたり、追い切りをかけている馬もいる中で、今日は落ち着いていましたし、こちらが呆気にとられるくらい気分良さそうに走っていました」

(それだけ前回からの上積みもある?)
「落ち着かせて気分良く走らせるというのが狙いだったので、そういった点に関してはこちらが思った以上にのんびり走ってくれたなと思います」

(昨日の段階では前に馬を置いての追い切りという話もあったが?)
「他厩舎の馬が3頭いたので、ちょうど良いなと思ってそれを目標にする形にしました。追いついてしまうと、少しオーバーワークになりそうでしたし、前の馬を追いかけようとしていたので、あのくらいに収めておきました」

(セントライト記念を振り返って)
「秋はまずセントライト記念を目標にして夏は競馬を使いました。馬もそれに応えてくれまして、前走は私の想像以上の内容と末脚を使ってくれて、勝つことができてビックリしています」

(どのあたりに成長を感じるか?)
「普段の肉体面のスムーズさや、走りのスムーズさ、あとは気性ですね。走って最後伸びるということを馬自身が理解してきているような気がします」

(3000mという舞台については?)
「やってみなければわからないのですけど、折り合い面に関しては3000mは問題ないのではないかと思います。ただ馬場状態や輸送もありますし、当日のテンションなど、そういった面ではまだわかりかねています」

(前回のような脚を使ってくれれば?)
「そうですね、理想は3000mをリラックスして走って、この間のような、まあこの間ほどの脚を使わなくても良いのですけど、終いでしっかり伸びてくれればいいなとは思っています」

(春もクラシックに挑戦した馬がいたが、秋はこの馬で菊花賞に挑むその心境は?)
「大変光栄に思います。また素質のある馬を預けて頂いて本当に感謝しています。全部ではないですが、1つでも多くクラシックを目指して、また出走が叶うよう努力してやってきたので、本当に良かったなと思います」

(最後に菊花賞への抱負を)
「3歳最後のクラシック、私自身スタッフ含めて精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

www.youtube.com

headlines.yahoo.co.jp