3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

ウインガナドル津村騎手「3000mでも本当に楽しみ」/菊花賞共同会見

この馬のスタイルはだいたい決まっている

 前走の新潟記念(GIII)で初めて古馬と対戦して4着と健闘したウインガナドル(牡3・美浦上原博之)。父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという血統背景からも3000mの舞台が合いそうな同馬について、騎乗する津村明秀騎手と管理する上原調教師の共同記者会見が行われた。

■津村騎手

(前走の新潟記念について)
「初めての古馬との対戦だったので、どのくらいやれるかという期待と不安があったのですが、4コーナー過ぎに早めに勝ち馬に交わされて、もうダメかなと思ったところからまた盛り返して4着だったので、本当に成長が窺えるレースでしたね」

(どのあたりに成長を感じる?)
「1年前くらいまではレース前からピリピリしていたのですが、だいぶ落ち着いてレースに挑めるようになりました。それで力が出せるようになったのかなということと、交わされてから盛り返していく根性を見せてくれたので、本当に頼もしいですね」

(騎乗した1週前追い切りについて)
「すごい霧の中で馬も少し戸惑っていた面もあったのですけど、終いは本当に良い反応で、1週前としてはとても良い調教ができたと思います」

(3000mという舞台、どのようなイメージを?)
「皆多分、距離的にも長いと思いますし、条件は皆一緒です。この馬は血統背景からも多分距離は大丈夫なので、期待しています」

(ある程度レースのイメージは決まっている?)
「この馬のスタイルはだいたい決まっているので、そんなに深くは考えていないです」

(今回も逃げる?)
「多分、その形になると思います」

(自身の年間最多勝の記録を更新して充実しているが、最後の一冠に挑む心境は?)
「僕自身の記録というよりは、GI初制覇を、僕も馬に期待して頑張ります。本当に楽しみです」

(この馬のどんな面を引き出したいか?)
「長く良い脚を使えますし、持続してスピードを保っていられます。馬場が悪くなっても大丈夫ですし、3000mでも本当に楽しみですね」

(最後にファンにメッセージを)
「メンバー的にも混戦となる一戦だと思いますし、僕の馬にもチャンスは十分あると思うので、是非皆さん、応援してください」

■上原調教師

(最終追い切りについて)
「先週、津村ジョッキーに乗ってもらって、実質的な最終追い切りというか、少し強めの調教を予定通りやってもらいました。今週は馬の状態を見て、輸送も考慮して単走で直線気分良く走らせて調整するという程度でした。動きは良かったですね。先週も良かったのですけど、今週はよその厩舎の馬と直線ちょっと一緒になるようなところもありまして、丁度気分良く走れた感じでした」

(前走は古馬相手の新潟記念だったが?)
古馬相手でどういう競馬をしてくれるかだったのですが、直線でも最後までしっかり走っていましたし、周りのプレッシャーにも動じず頑張ってくれて、次につながるレースをしてくれました」

(ひと夏を越えての成長は?)
「春先は精神的にも肉体的にも子供っぽいところがありました。ひと夏越えてだいぶ馬がしっかりして精神的にも大人になってきましたので、レースに集中できるような状態になっています」

(そういう状態で3000mという舞台を迎えるが?)
「元々血統的に距離は持つと思っていますし、レースで何回か乗っている津村騎手からは3000mも楽しみですというコメントもありましたので、距離等は心配していません」

(あとは輸送など落ち着いてクリアしてくれれば?)
「まだ若い馬なので輸送をうまくクリアして、レースで自分の力を出してくれればいいなと思っています」

(津村騎手は逃げることになりそうと話をしていたが?)
「そうですね、スタートが良くてストライドも大きくて先行できる馬なので、どうしても押し出される形になったりもしていますけど、逃げても先行集団にいても競馬ができる馬だと思いますし、スタートの感じや周りの状況を見ながら臨機応変にレースができると思いますけどね」

(秋の最後の一冠に馬を送り出す心境は?)
「クラシックレースは、1回しか出られないレースですので楽しみにしています」

(改めて菊花賞への抱負を)
「血統もこういう舞台で活躍できる配合の馬なので、あとは結果をうまく出してくれればと思っています」

(取材・写真:佐々木祥恵)

www.youtube.com

headlines.yahoo.co.jp