3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

菊花賞
富士ステークス

アエロリット菊沢師「馬は本当にリラックスしている」/秋華賞共同会見

【1日分全R予想】とにかく馬券に入れておきたい3頭 


おのずと前めにいるのかなという気はします

春にはNHKマイルC(GI)制覇し、夏の札幌のクイーンS(GIII)では古馬を退けて優勝したアエロリット(牝3・美浦菊沢隆徳)。坂路での追い切りを終え、管理する菊沢調教師の共同記者会見が行われた。

(今朝の追い切りについて)
「先週、結構良い稽古をしていますし、今週は輸送を控えていますので、どちらかというと若干物足りないかなぐらいの感じで仕上げたいなと思っていました。 馬をリラックスさせて北馬場で調整して、それから坂路で追い切りました。坂路では最後2ハロンを集中して走ってくれればいいなという感じでした」

(追い切り後の馬の雰囲気は?)
「馬は本当にリラックスしていまして、坂路を駆け上がった頂上で息も乱れていなくて、平然と歩いていました」

(ここまでは青写真通り?)
「そうですね、十分じゃないかなと思っています」

(夏に1回、北海道で競馬を使った理由は?)
NHKマイルCを勝った時点では、秋にどのレースを第1目標にするのかはまだ決まっていませんでした。秋に向けて、札幌のクイーンSでコーナー4つと1800mの距離をこなすのであれば秋華賞、こなせないようであればマイル路線、また右回りがあまり良くなかったら東京という選択肢がありまして、それを判断するためにクイーンSを選択しました」

(そのクイーンSは素晴らしい内容だったが?)
「北海道の牧場でも十分乗り込んでいましたし、2週間程度札幌に滞在して、追い切りもすごく良い動きをしていました。この状態でクイーンSに臨んで、どのような結果が出るのか楽しみにしていました」

(馬体重もかなり増えていて?)
「成長分もあると思います。輸送もありませんでしたが、追い切り後の体の増え方は、僕もビックリするような増え方でしたね」

(重め感もなかった?)
「そうですね。負けたら重めのせいにしようとかなと思っていたのですけど(笑)」

(わりと速いペースで先行して、結局そのまま逃げ切ったが?)
「稽古は私が乗っていたので、その時の雰囲気、気合いの感じと枠順を見て、スタートが互角であれば無理せず前に行っても良いですよという話は(ジョッキーに)しました」

(今後のレースでも先行して押し切るという戦法が大きな選択肢になる?)
「距離によっても変わってくると思うのですが、1800m、2000mなら、互角のスタートを切ればあの馬のペースならおのずと前めにいるのかなという気はします」

(クイーンS後はノーザンファーム空港牧場へ、9月14日に美浦に帰厩しているが?)
クイーンSの疲れ具合をノーザンファーム空港牧場で判断してケアしてもらいました。幸い回復具合がとても早くて、これでしたら十分牧場で立ち上げていって構わないですね、という話をしていました。帰厩に関しては、ある程度関東地方が涼しくなった頃を見計らって、また秋華賞に向けて十分美浦で調整できる期間を設けたいと思いまして、その時期に戻しました」

(帰厩後も順調に)
「そうですね、北海道からの輸送の疲れも2.3日で回復しまして、徐々に段階を踏みながら稽古をしてきたつもりです」

(春とどこか変わった点は?)
「牧場にいる時もしょっちゅう見に行っていたのですけど、その何週間の間でも随分背が高くなったなと。春先と比べて、跨る時に見上げなければならないほど背が伸びましたね。春先は要所、要所で走りたがる面を出していましたが、今はコンタクトが取りやすくなりまして、馬も理解してきていますね」

(前走増えていた馬体重だが、今回は?)
「あまり気にしてはいないのですけど、恐らく今の体重と輸送を考えると、多分マイナス体重で出るとは思います。北海道では輸送もありませんでしたのでね」

(メンバーが揃っている中で、この馬もGIホース、非常に気合いが入ると思うが?)
「2000mですし、人間に気合いが入っても、馬はあまり気合いは入ってほしくないなと思っています。他の馬たちはオークスなりトライアルなり、2000m以上を経験しているわけです。アエロリットはまだ1800mまでで、2000mという初めての距離ということで、期待もありますけど不安もあります」

(レースのイメージは?)
「競馬なので何があるかわかりませんので、体調良く出走させて、この馬のリズムで走れればいいなと思っています」

(あとは横山典弘騎手の感覚で?)
「ジョッキーもデビュー前から乗っていますし、馬の成長具合も感じているでしょう。その辺はジョッキーに任せます」

(横山典弘騎手がダイワスカーレットみたいな馬になってほしいというコメントをしていたようだが?)
ダイワスカーレットは本当に名牝ですから、ちょっと言い過ぎではないかと思いましたけどね。現場としては冷静に努めたいと思います」

(馬場状態や枠順は?)
「枠順に関しては出てみないとわかりませんし、ジョッキーとも枠順が出てからという話はしています。馬場に関しては、少々雨が降って柔らかい馬場の方が馬のためにもいいかなと思っています」

(最後に一言)
秋華賞でアエロリットの成長した姿、また力強い走りを見て頂きたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

www.youtube.com

headlines.yahoo.co.jp