3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

菊花賞
富士ステークス

レッドファルクス尾関師「本当にフレッシュな感じ」/スプリンターズS共同会見

【1日分全R予想】とにかく馬券に入れておきたい3頭 


まずは馬をしっかり仕上げて最善の状態でジョッキーに引き継ぎたい

昨年のスプリンターズS(GI)を制し、ディフェンディングチャンピオンの立場で臨むレッドファルクス(牡6・美浦尾関知人)。今朝の最終追い切りは、ウッドチップコースを力強いフットワークで駆け抜けた。追い切り後、管理する尾関調教師の共同記者会見が行われた。

(今年の春3戦を振り返って)
「馬場状態や距離など、いろいろな条件があった中で、3着、1着、3着とよく頑張ってくれたと思います」

(休養前の安田記念・GIはマイルでの3着と大きな収穫があったと思うが?)
「距離ももちろんですが、上の条件に上がってから合いそうなレースを大事に使ってきた中で、高松宮記念・GI・3着、京王杯スプリングC・GII・1着と連戦した後に中2週での競馬でどうかなという部分もあったのですが、馬もしっかり回復して競馬ができたというのも大きかったと思います」

(安田記念からここに直行という形になったが、このローテーションについては?)
「春のレースを見ても、左回りの方が安心して競馬を見ていられたのですが、ここが目標でしたし、トライアルも関西で右回りだったので、わざわざ使うよりはというのもありました。また昨年も休み明けのこのレースで結果を出してくれたのもあったので、ここ1本で調整してきました」

(昨年はCBC賞からの直行で、今年はその時よりは間隔を長くとっての出走となるが?)
「春はレベルの高いレースで連戦していましたので、その疲れをしっかり取ってという意味では、若干間隔が長いくらいの方が馬にとっても良いのかなと思います」

(春の疲れもすっかり抜けましたか?)
「放牧先の山元トレセンでもしっかり疲れを取っていただいていますし、良い状態で入厩することができました」

(今朝の追い切りのポイントは?)
「前走の1600mからこのレースに臨むので、テンから少し出していくような追い切りをしたいというのがありました。また昨年は外枠を引くことができたのですけど、今回はどうなるかわかりませんし、これまで調教では大きめのターンで乗っていたのを、馬もしっかりしてきたこともあって、少し内めで併せてみました。それでもしっかり手前を替えて良い動きをしてくれましたから、今日の追い切りの中ではそれらの課題にしっかり応えてくれたと思います」

(昨年は広いDコースで追い切っていましたが、今回ウッドチップコースで追い切ったのは、そのあたりがポイントだった?)
「そうですね。そこも意識しましたし、先週長めでしっかりやれましたので、距離を乗って心肺機能をそこまで高める必要はないなど、総合的な判断ですね」

(現在の馬の状態に関しては?)
「本当にフレッシュな感じです。攻め込んでいく中で溜まってきた疲れも乗り越えて、今のところ良い状態で競馬に向かえる雰囲気です」

(去年は右回りがどうかという中で勝ったが、右回りにはもう不安はない?)
「右回り自体はある程度のレベルでしっかりと走ってくれますが、頭数も多いレースですし、枠なども関係してきますので、右回りは不安というか課題ではあると思いますけど、その辺も含めてジョッキーもわかってくれていると思います」

(高松宮記念も間隔があいていたが、その時よりも今回の方が状態は良い?)
高松宮記念はある程度自信はあったのですが、馬場の巧拙や枠順、通るコースなどの要素があったのかなと思います。どちらも良い状態だと思います」

(レースではこうあってほしいなど条件はある?)
「こうあってほしいと思っていることはありますけど、ここで言っても仕方ないので、まずは馬をしっかり仕上げて最善の状態でジョッキーに引き継ぎたいです」

(ディフェンディングチャンピオンとして臨むこのレース、最後に意気込みを)
「本当にこういう状況で大レースに臨めるというのはすごく幸せなことですし、馬にとっても厩舎にとってもそのような立場でGIに臨むのは初めてなので、悔いのない状態で競馬に持っていって、良いレースができるようにしたいと思っています。応援のほどよろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

www.youtube.com

 

headlines.yahoo.co.jp