3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

ニエル賞を制したクラックスマンは凱旋門賞に出走せず

エネイブルは追加登録予定

 25日、凱旋門賞(仏G1、10月1日、シャンティイ・芝2400m)の第1回登録取消が行われ、登録を継続した馬は20頭となった。

 日本から参戦のサトノダイヤモンドサトノノブレスをはじめ、今年G1・2勝のユリシーズ、前走・愛セントレジャー(G1)を9馬身差独走したオーダーオブセントジョージ、今年の仏二冠馬・ブラムト、前哨戦のフォワ賞サトノダイヤモンドを破ったチンギスシークレット、G1・4勝の3歳牝馬ウィンター、昨年の凱旋門賞2着馬・ハイランドリールらが登録を継続している。

 凱旋門賞の前哨戦として知られるニエル賞(G2)を制したフランケル産駒・クラックスマンは回避が決定した。英ダービーで3着、愛ダービーで2着と好走し、その後G2を連勝したことでブックメーカー凱旋門賞前売りオッズでは2番人気に推されていた。

 今後は、26日(火)に第2回の登録取消が行われ、27日(水)に追加登録が行われる。断然の中心と目される3歳牝馬・エネイブルは現段階では登録されておらず、追加登録する見込み。