3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

【凱旋門賞】G1・4連勝中エネイブル“1強”

地元は仏ダービー馬ブラムトに期待

凱旋門賞・仏G1」(10月1日、シャンティイ

 世界最高峰のレースとして知られる凱旋門賞・仏G1が、10月1日に行われる。これまで日本から数多くの名馬が出走し、2着を数えること4回。悲願達成へ、今年はサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江)が出陣する。

 日本競馬の悲願を目指すサトノダイヤモンドにとって、避けて通れない大きな壁が英国馬エネイブルだ。ワンサイドゲームでG1を4連勝中の3歳牝馬。斤量の恩恵があり、各社ブックメーカーも“1強”の評価を与えている。唯一の不安は速い馬場への対応力。ただ仮に道悪となれば、打ち負かすのは容易でない。

 2番手グループは大混戦だ。エネイブルと同じゴスデン厩舎のクラックスマンが24日に回避を決定。代わって英大手ブックメーカー・ウィリアムヒル社の単勝オッズで2番人気に浮上したのが、今年G1・2勝と本格化ムードが漂うユリシーズ。常に上位争いに加わる安定感は侮れない。

 昨年1~3着を独占したのがオブライエン厩舎。G1・6勝で昨年2着のハイランドリールは高速決着を得意としており、スタミナ豊富な同3着馬オーダーオブセントジョージは持久力戦で躍動する。さらに、愛ダービー馬カプリ、3歳牝馬ウィンターも参戦するようなら、今年も“チームプレー”が脅威となる。

 劣勢のフランス馬では、今年の仏ダービーを制したブラムトに期待がかかる。秋始動戦となった前走のG2では5着と案外な結果に終わったが、末脚の威力は抜群。地の利を生かして反撃をもくろむ。フォワ賞で重賞3連勝を決めたドイツ馬チンギスシークレット、08年に7戦無敗で凱旋門賞を制したザルカヴァを母に持つ地元のザラックなども圏内だ。

www.youtube.com

headlines.yahoo.co.jp