3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

【セレクトセール2日目】イルーシヴウェーヴの2017は5億8000万円 

友道調教師「動きが飛び抜けていた」

f:id:sousuke621:20170711174548j:plain

 11日、北海道苫小牧市ノーザンホースパークで行われた日本最大の競走馬セール「セレクトセール2017」は2日目を迎え、前日の1歳馬に続いて当歳馬が上場。今年で20回目を迎えたセレクトセールの盛り上がりはすさまじく、3頭の2億円ホースが誕生し、89・3%の高い落札率となった初日をしのぐ高額馬が次々に登場している。



落札金額は5億8000万円。2006年のセレクトセールで記録された過去最高の6億円(父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリー)に迫る超の付く高額馬は父がディープインパクト、母が仏1000ギニー勝ち馬のイルーシヴウェーヴの2017(牡)。4億円を超えたあたりから場内には異様な雰囲気が漂い、一声がかかるたびにどよめきが起こる。5億円台に到達した際には近年でも一番の熱気に包まれた。

 最終的に落札したのは「アドマイヤ」の冠で知られる近藤利一氏。「スターになる要素を持った馬。前日に友道調教師から『これだけはあきらめないでほしい』と頼まれていた。(競ってくる)相手が誰であろうと、こちらにも人としての意地というものがあるから」と近藤氏が激しかったセリをこう振り返れば、同馬を管理することになる友道調教師は「血統も素晴らしいが、初めて見たときから1頭だけ動きが飛び抜けていた。落ち着きがあるので折り合いもつきそうだし、2400メートルはバッチリだと思います」と数年後のイメージを早くも描いていた。

headlines.yahoo.co.jp