3連複formation全頭流し!

競馬好きな人が身勝手な予想をするだけです。



ゼーヴィントが重賞2勝目を狙う/七夕賞の見どころ

新しい収入の柱を作り、未来の安定が欲しい



今回は脚部不安による休養からの復帰戦

f:id:sousuke621:20170703181400j:plain

■7/9(日) 七夕賞(3歳上・GIII・福島芝2000m)

 ゼーヴィント(牡4、美浦・木村哲也厩舎)は今年1月のAJCCで2着。これで昨年のセントライト記念福島記念から3戦続けての2着だが、内容はいずれも悪くはない。今回は脚部不安による休養からの復帰戦となるが、重賞初制覇(ラジオNIKKEI賞)を飾った夏の福島ならいきなりからの好走が期待できそうだ。

 マルターズアポジー(牡5、美浦堀井雅広厩舎)は昨年の福島記念ゼーヴィントを破り、今年は小倉大賞典を勝っている。有馬記念大阪杯といったGIでは惨敗しているものの、GIIIのここなら力上位。JRA通算300勝にリーチがかかる武士沢友治騎手とのコンビで再びの逃げ切りを狙う。

 その他、新潟大賞典2着・鳴尾記念3着と復調気配を見せるマイネルフロスト(牡6、美浦・高木登厩舎)、連勝中のヴォージュ(牡4、栗東西村真幸厩舎)、鳴尾記念4着のスズカデヴィアス(牡6、栗東橋田満厩舎)、福島民報杯2着のフェルメッツァ(牡6、栗東松永幹夫厩舎)なども上位争いの圏内。

絶対に喜んでいただく自信がある内容です

headlines.yahoo.co.jp