3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

菊花賞
富士ステークス

宝塚記念

キタサンブラックにデータの死角

宝塚記念逆転候補はシャケトラだ! 1番人気は安定しているが、勝率は20.0%にとどまる宝塚記念。人気薄でも8番人気まで優勝馬が出ているほか、頭数が少ない年でも穴馬の激走が見られる。近年は外枠の成績が良く、年齢は4〜5歳が中心。特に前走G1出走馬…

今年の「金星候補2頭」がキタサンをやっつける

実は稼げる宝塚記念。 長い歴史の中でも、稀(まれ)に見る”断然ムード”となっている今年のGI宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)。もちろん、その中心にいるのは、キタサンブラック(牡5歳)である。【写真】ミッキークイーンが狙える「裏情報」 GI通算5勝…

【宝塚記念】スピリッツ道悪歓迎!

全5勝中やや重2勝、重2勝 梅雨時に開催される宝塚記念。過去30年で、やや重~重馬場で開催されたのは7回。近年は特に道悪傾向が強まっている。今週水曜、阪神競馬場がある兵庫県宝塚市は相当量の降雨。さらに、宝塚記念が行われる日曜は曇り時々雨、降…

【宝塚記念】横山典 アクター復調へ

“歩くフォーム”チェック 変化が即、結果につながるとは限らない。それでも現状を打破するために何かを変える必要がある。横山典の起用にはゴールドアクター陣営のそんな思いがこもっているように見える。「調教や普段の馬の様子をずっと見ていた。それもある…

【宝塚記念】ルメール&デムーロ“ジンクス”破る 

なるか外国人J初勝利 “最強コンビ”が、新たな歴史の扉を開く。今年で58回目を迎える上半期のグランプリだが、いまだに外国人ジョッキーは未勝利。ダービーを含むG1・3連勝など絶好調のクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=はシャケトラで…

最内ミッキーロケット変わりなく順調/宝塚記念

できれば偶数枠が良かった ミッキーロケット(牡4、音無)は1枠1番に入った。 出遅れ癖があるため生野助手は「どこでもいいと思っていたが、できれば偶数枠が良かった」と話す。 7着に敗れた前走・大阪杯の後はゲート練習も積んできた。「練習では悪いこ…

シュヴァルグラン絶好の5番を引き当てる/宝塚記念

真ん中はいいんじゃないんですかね シュヴァルグラン(牡5、友道)は、絶好の5枠5番を引き当てた。安田助手は「真ん中はいいんじゃないんですかね。内も外も見ながら行けるし、包まれることもないし。最近はゲートも安定してきてますからね」。 この日は…

7番レインボーライン枠どこでもよかった/宝塚記念

混戦になってくれれば レインボーライン(牡4、浅見)は7番枠を引いた。浅見助手は「枠はどこでも良かった」と話した。 この日はポリトラックを1周。追い切り後も落ち着いた様子で「折り合いがついて、リラックスして走れていた」と好感触を得る。前走の…

クラリティシチー後入れ偶数枠4番いいね/宝塚記念

最初から経済コースを走れるのはいい クラリティシチー(牡6、上原)が絶好枠4番を引き当てた。上原師は「いいんじゃないか。少頭数だから外枠でも大丈夫だけど、それでも最初から経済コースを走れるのはいい。後入れの偶数もいいね」と笑顔を見せた。 雨…

ゴールドアクター内の2番枠から復権狙う/宝塚記念

ノリさんもこの枠で何かやってくれるんじゃないか ゴールドアクター(牡6、中川)は内の偶数枠2番で復権を狙う。 野田助手は「もともとスタートも出るし、内でも外でもという馬。ノリさんもこの枠で何かやってくれるんじゃないか」と人馬を信頼。 追い切り…

紅一点ミッキークイーン外寄り8番枠/宝塚記念

枠の注文はない 紅一点ミッキークイーン(牝5、池江)は外寄りの偶数枠8番に入った。 川合助手は「枠の注文はないので、どこの枠でもよかった。最近はおとなしくなったのか、カーッとなるところがない。このままいってくれれば。できれば晴れてほしい」と…

吉兆の8枠サトノクラウンが巻き返す/宝塚記念

「放牧明けで順調だし、元気いっぱいです」 4年連続勝利中と吉兆の8枠、その大外11番にはサトノクラウン(牡5、堀)が入った。 「調教師とジョッキーが相談して作戦を決めると思います」と森助手。この日は通常通り、馬場で体をほぐした。歩様はキビキ…

シャケトラは偶数6番枠を歓迎/宝塚記念

ゲートをちゃんと出てくれたら シャケトラ(牡4、角居)はちょうど真ん中の6番枠をゲット。前川助手は「少頭数だから枠はどこでも良かった。あとはゲートをちゃんと出てくれたら」と期待する。 1枠1番だった前走の天皇賞・春(9着)はスタートが決まら…

強運キタサンブラック4連勝中のピンク帽/宝塚記念

「枠順はどこでもいいと思っていた」 現役最強馬キタサンブラック(牡5、清水久)は8枠10番を手にした。宝塚記念はピンク帽が4連勝中。 清水久師は「枠順はどこでもいいと思っていた」というが、これまでもJCや天皇賞・春など内枠有利と言われるG1…

【宝塚記念】枠順確定!

キタサンブラックは8枠10番!4年連続勝利中の8枠に 25日に阪神競馬場で行われる中央競馬・上半期の総決算「第58回宝塚記念」(G1、芝2200メートル)の枠順が22日、確定した。大阪杯→天皇賞春とG1を連勝中のキタサンブラック(牡5=清水…

ゴールドアクター中川師/宝塚記念共同会見

「京都より阪神の方が合う」 宝塚記念(6月25日・GI・阪神芝2200m)に出走するゴールドアクター(牡6・美浦・中川公成)を管理する中川調教師の共同記者会見が行われた。(前走の春の天皇賞・GI・7着を振り返って)「競馬が終わった後にジョッキーともいろいろ話を…

シュヴァルグラン福永騎手/宝塚記念共同会見

「GIのタイトルを獲らせてあげたい」 ■シュヴァルグランに騎乗予定の福永祐一騎手――前走の天皇賞(春)を振り返ってください。福永 今年に入って馬が一段階レベルアップした印象を受けていました。実際、競馬での走りも今までよりたくましくなりました。天皇賞…

サトノクラウン堀師/宝塚記念共同会見

「メンタルが大きな鍵」 宝塚記念(6月25日・GI・阪神芝2200m)に出走するサトノクラウン(牡5・美浦・堀宣行)を管理する堀調教師の共同記者会見が行われた。(前走の大阪杯・GI・6着を振り返って)「最終追い切り直後や翌日を含めて、非常に良い状態だなと思って…

キタサンブラック清水久師/宝塚記念共同会見

「行くところまで行ってやろうと」 ■キタサンブラックを管理する清水久詞調教師――現在の心境を。清水 まずは順調に来れたのでよかったです。――前走の天皇賞(春)を振り返ってください。清水 本当に強かったと思います。(道中)折り合っていましたので、安心し…

キタサンブラック武豊騎手/宝塚記念共同会見

「ファンの方々を喜ばせたい」 ■キタサンブラックに騎乗予定の武豊騎手――前走の天皇賞を振り返ってください。ディープインパクトのレコードを塗り替えた勝利でした。 武豊 今年に入って大阪杯を使って2戦目、改めて強い馬だと再認識しました。タイムももちろ…

【宝塚記念】ミッキークイーン90点 

前走よりも着実に体調向上 ミッキークイーンも着実に体調を上げています。ヴィクトリアマイルよりも腹周りがフックラしている。牝馬にとってこのフックラさは大切な要素です。 立ち方にもゆとりがある。これまでは後肢を必要以上に前へ踏み込みながら立って…

【宝塚記念】スピリッツミノル70点 

つなぎ立ち気味で硬い 太い首、発達したキ甲、精かんな顔立ち。古馬らしい姿です。ただ、トモは前肢に比べて薄め。つなぎが立ち気味で硬く映ります。 www.sponichi.co.jp 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!

【宝塚記念】レインボーライン80点 

腹周りだいぶしっかり とてもフックラしたつくり。440キロ前後の体重以上に体を大きく見せています。春の天皇賞時には物足りなく映った腹周りもだいぶしっかりしてきました。 ただし、相変わらずリングバミをきつくかんでいる。口角が上がって歯を見せて…

【宝塚記念】シュヴァルグラン80点 

体調◎も目に集中力ない 見栄えのいい栗毛にしても毛ヅヤが際立っています。背中が長い典型的なステイヤー体形。距離短縮はつらいところですが、体調は非常にいい。 立ち姿には少し注文があります。相変わらずトモを流しながら、尾を上げています。目にも集中…

【宝塚記念】サトノクラウン85点 

重厚で道悪馬場に最適 欧州血統を体現したような重厚な前後肢。筋肉がせり上がり、パワーを前面に押し出した体つきです。その半面、素軽さには欠ける。こういう体形は高速馬場よりも時計のかかる道悪の方が向いているでしょう。 大阪杯時には頭を上げながら…

【宝塚記念】ヒットザターゲット70点 

腹周りが寂しい… 大型馬の割に腹周りにゆとりがありません。昨年の有馬記念よりハミをしっかりくわえていますが、浮足だって立っています。 www.sponichi.co.jp ふとんクリーナーはレイコップ 医師として働いていた時“アレルギー症状を根本的に予防できるよ…

【宝塚記念】シャケトラ80点 

春天よりもマシな状態 天皇賞・春時には神経質そうに尾を上げていましたが、今回はマシになっています。毛ヅヤも良好です。 顔をカメラマンの方へ向けたときに撮影した写真。そのため口元や首差し、右前肢の状態は判断できませんが、とても利口そうな顔立ち…

【宝塚記念】ゴールドアクター100点!

余裕ある充実の立ち姿 今週の日曜は有馬GPホースの復活祭だ。鈴木康弘元調教師がG1出走馬の馬体を診断する「達眼」。第58回宝塚記念(25日、阪神)ではキタサンブラックとともに一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターに満点を付けた。達眼が捉えた…

【宝塚記念】キタサンブラック100点!

まるで大器晩成の見本 キタサンブラックに死角はあるのか。大本命馬を蹴飛ばして、ひと足早い“夏のボーナス”をつかみたい穴党諸氏の依頼で、馬体の隅々まで目を光らせてみると…。穴党の諸君には残念な知らせです。死角は皆無。体つきや立ち姿に非の打ちどこ…

【G1温故知新】2000年宝塚記念6着 グラスワンダー

テイエムオペラオーの6着に敗れ G1の過去の勝ち馬や惜しくも力及ばなかった馬、記録以上に記憶に残る馬たちを回顧し、今年のレースの注目馬や見どころを探る「G1温故知新」。第23回は2000年の宝塚記念で前人未踏のグランプリ4連覇に挑んだものの…