3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

京都2歳ステークス
京阪杯
ジャパンカップ

セントウルS

【セントウルSレース後コメント】

1番人気ファインニードル(M.デムーロ騎手)が勝利 阪神11Rの第31回セントウルステークス(GII、3歳以上、芝1200m)は1番人気ファインニードル(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒5(良)。1馬身1/4差2着に6番人気ラインミーティア、さらにクビ差で3…

セントウルS枠順

フィドゥーシアは8枠14番、ダンスディレクターは8枠13番 10日に阪神競馬場で行われる、第31回セントウルS(3歳上・GII・芝1200m)の枠順が8日確定した。 母ビリーヴとの母娘制覇を狙うフィドゥーシア(牝5、栗東・松元茂樹厩舎)は8枠14番、骨折明けのダンスディ…

スノードラゴン、展開はまればやれる/セントウルS

ある程度流れについて行ける <セントウルS:追い切り> 9歳馬の古豪スノードラゴン(牡、高木)はいつも通り、美浦坂路2本追い。2本目に4ハロン53秒0-13秒3をマークした。 ラストは時計を要したが、重馬場と序盤から13秒台前半のラップを刻ん…

【セントウルS】アルティマブラッド猛調教

音無師「いい動き」 セントウルSで目を引く猛稽古は坂路のアルティマブラッド。 初コンビとなる藤岡康が騎乗し京成杯出走のブラックスピネルとの併せ馬。道中両者譲らない体勢から最後にガツンと抜け出し4F51秒4の時計で1馬身の先着。これには音無師…

【セントウルS】ミーティア納得の“静”

開幕週だけに末脚の生きる展開になるか 驚異の末脚は本番まで温存だ。アイビスSDを上がり3F31秒6でぶっこ抜いたラインミーティアは“静”の調整に徹した。 小雨のなか、美浦Wコースで単走。最後までマイペースに徹してラスト1Fは13秒4。やや頭の…

【セントウルS】充電OK!フィドゥーシア最先着

スプリンターズSへつなげるため アイビスSD2着から中5週。十分にリフレッシュしたフィドゥーシアが、待望の重賞初Vへ態勢を整えた。 「直線競馬のあとは疲れが残りやすい。2走前の韋駄天Sを勝ったあとがそうだった。ただ、2走前ほどではなかったの…

【セントウルS】メラグラーナ軽快12秒1

開幕週の馬場はうってつけ メラグラーナは夕刊フジ賞オーシャンSを完勝し、“新星”として期待されたが、高松宮記念とCBC賞でともに10着と惨敗。秋初戦のここが勝負どころだ。 栗東坂路で前半は15秒3-13秒4と抑え気味に進み、3F目から加速した…

【セントウルS】復活ディレクター及第点

7着だった昨年以上が期待できそう 左第一指骨の剥離骨折で休養していたダンスディレクターが復帰する。前走のシルクロードSでのちに高松宮記念を勝つセイウンコウセイを差し切っており、トップレベルの能力は確かだ。 栗東坂路でミヤビベストを追走。14…

【セントウルS】ビッグアーサー回避で混戦 

ミッキーラブソングに激走の予感 【セントウルS(日曜=10日、阪神芝内1200メートル=1着馬にスプリンターズS優先出走権)dodo馬券】いよいよ秋競馬開幕――。西日本エリアでは阪神開催がスタートする。開幕週のメーンを飾るのは電撃の6ハロン戦…

【セントウルS展望】ダンスディレクターVS母ビリーヴ譲りのスピードが魅力のフィドゥーシア

サマースプリントシリーズ最終戦 ◆第31回セントウルS・G2(10日、芝1200メートル、阪神競馬場) サマースプリントシリーズ最終戦、第31回セントウルS・G2は9月10日、阪神競馬場の芝1200メートルで行われる。 今年1月のシルクロード…