3連複formation全頭流し!

競馬好きなオッさんが気が向いた時に予想を公開!そんなオッさんが気になった競馬ニュースの備忘録!

菊花賞
富士ステークス

【関屋記念】ウインガニオン活気あふれる12秒5

同型との兼ね合いがポイント 3連勝で中京記念を制したウインガニオンは、全8勝のうち6~8月に7勝をあげ、左回りも7勝している“SS”(サマー&サウスポー)だ。 栗東坂路で単走。中2週だけに余裕を持たせていたが、後半2Fはスピード感十分に12秒…

【関屋記念】夏馬ヤングマンパワー連覇へ上昇

湿度が上がるこの時季は勝手に調子が良くなる 連覇へ、夏馬ヤングマンパワーは美浦坂路で併せ馬。内アッラサルーテを目標に差を詰め、最後は併入した。 「けさもゴール前は首を曲げて走っていた。坂路だと目立って嫌だね」と苦笑いの手塚調教師だが、仕上が…

【関屋記念】ロードクエスト絶好の舞台で全開宣言

前走はいいガス抜きができた ロードクエストは美浦Wコースで“もう必要ない”とばかり、ごく軽めの調整に終始した。 かなり前を行く僚馬を目標に5Fからスタートしたが、最初から併せる気はサラサラなく、リズムを守りながら最後まで派手なアクションはなし…

【関屋記念】ブラックムーン逆転へ手応え

この馬のペースで直線に賭ける 1番人気3着だった中京記念から巻き返したいブラックムーンは、栗東CWコースで単走。真夏の中2週の疲れを残さないよう、サッと上がりだけ伸ばした。 「上がり重点で、いい動き。雨馬場で走った前走の反動もなくはないけど…

【関屋記念】メートルダール“瞬殺”2馬身先着

気性が大人になってレースに幅が出てきた 上がり馬メートルダールの前走は降級戦ながら、ハンデ58キロで[8][4][1]番手と自ら勝ちに行ってのV。クビ差とはいえ価値ある1勝だった。 充実度の高さは美浦Wコースでの最終追いにも表れた。アサクサ…

怪物×名牝“17冠ベビー”12日デビュー 

角居師も評価「落ち着いてて素直」 いよいよ、注目馬がベールを脱ぐ。12日、新潟5R(芝1800メートル)で初陣を迎えるタニノフランケル(牡、栗東・角居)は名牝ウオッカ4番目の子で、父は14戦無敗の怪物フランケル。父と母、合わせてG1・17勝…

キタサンブラック秋は古馬王道3戦

G1を三つ行きます 宝塚記念9着後、休養しているキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)の秋のローテーションが8日、管理する清水久詞調教師から発表された。かねてから候補に挙がっていた天皇賞・秋(10月29日・東京)から始動し、連覇が懸…

レイデオロの“夏休み” 筋肉モリモリ、秋2戦へ夢がモリモリ

背が伸びて、体も少し増えましたね 中央競馬は夏競馬真っ盛りだが、上半期のGI戦線を盛り上げた馬の多くは“夏休み”シーズン。ダービーで世代の頂点を極めたレイデオロ(美・藤沢和、牡3)も、福島・ノーザンファーム天栄で英気を養っている。休養でパワー…

ソウルスターリング、古馬王道ローテに挑戦へ

広いコースがいいことも間違いない ソウルスターリングは宮城・山元トレセンで夏場を過ごしている。オークスでは未知の2400メートルを見事に克服したが、秋は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)で始動して、天皇賞・秋(同29日…

菜七子止まらん!盛岡でも勝利し地方通算11勝目

ミズサンブラックをVへ 菜七子の勢いが止まらない-。5、6日の新潟で2勝を挙げた藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本=が7日、盛岡競馬場に遠征し5鞍に騎乗した。 6Rで3番人気のミズサンブラックをVへ導き、地方競馬通算11勝目をマークした。8…

9日で20歳!藤田菜七子騎手インタビュー

「私の姿見てこの世界目指す後輩が出てきたらうれしい」 JRAに16年ぶりに誕生した女性新人騎手として、2年目の今年も注目を浴び続ける藤田菜七子騎手(19)=美浦・根本厩舎=があす9日、20歳のバースデーを迎える。昨年3月のデビューから1年半…

【関屋記念】前走不完全燃焼ウキヨノカゼ、ケガ回復で新潟初参戦

新潟のコース形態自体は合う ウキヨノカゼは7歳夏を迎えたが、今春福島牝馬Sで重賞3勝目と元気いっぱい。前走・ヴィクトリアM(9着)は「直線で他馬と接触したのが響いた。トモ(後肢)を傷めていたので」(菊沢師)と不利が響いた。 その後は間隔を空…

【関屋記念】昨年首差2着ダノンリバティ、リベンジVへ気合

新潟は芝&ダートを含め【2・3・0・0】 2年連続で中京記念5着だったダノンリバティも侮れない。昨年の当レースは首差2着に惜敗しており、リベンジVが懸かる。 コンビ継続の松若は「前走は付いていけなかったけどリズム自体は良かったし、僕が乗った…

【関屋記念】新潟で持ち味生かす!末脚健在ブラックムーン

直線の長いコースは持ち味の瞬発力をフルに生かせる ブラックムーンは中京記念で3着に敗れたが、上がり3F33秒9はメンバー最速。2走前の米子SでレコードVを決めた末脚は健在だった。 「中間は間隔が詰まっているので軽めの調整だが、馬は元気いっぱ…

【次回注目馬】シンボリブーケ不完全燃焼の4着 

スムーズなら残り少ないチャンス生かせる ◆シンボリブーケ(8月6日、札幌4R・3歳未勝利・芝2000メートル=4着) 4コーナーの勝負どころで馬群に包まれ、視界が開けたのは残り100メートルから。蛯名騎手は「前が壁になってしまった。内で、前が…